ホワイトニング 歯磨き粉 おすすめ

効果のある歯磨き粉と無い歯磨き粉

効果のある歯磨き粉と無い歯磨き粉

効き目のある歯磨き粉の選び方を覚えて、自力でのホワイトニングに役立てましょう。

 

◆ホワイトニング歯磨き粉の効果
国内の歯磨き粉には、薬事法の関係上、漂白成分を含ませる事が禁じられています。
原則として漂白成分は、歯に対しては歯科医のみに使用が許可されています。

 

ですから、通常のホワイトニング歯磨き粉の効果は
「歯に付着した色素や汚れを除去する事」となり、
この働きによって歯を白くしていく事になります。

 

もちろん、医療的な意味でのホワイトニングとは異なりますが、
大抵の方は、ホワイトニング歯磨き粉がもたらす
ホワイトニングの方を連想すると思います。

 

そのため「汚れの除去作用」がきちんとあるホワイトニング歯磨き粉が、
優秀な歯磨き粉であると言えます。

 

◆効き目のある歯磨き粉とは?
まずは、汚れを除去してくれる「研磨成分」に注目してみましょう。

 

研磨成分には、歯を磨いて汚れを除去する効果がありますが、
微細な隙間に入ってくれないと、その部分が綺麗になりにくいので、
粒子の細かい研磨成分の入った歯磨き粉を選びましょう。

 

宣伝文句としては「ミクロ粒子」「ナノ化」などの言葉を使っている事が多いので、
チェックしてみて下さい。

 

 

粒子の大きい研磨成分の方が、効き目だけは高いですが、
これは歯をどんどん削る事になってしまうので、
汚れだけを除去したいのであれば避けましょう。

 

また、削って除去するだけに留まらず、
汚れを吸ったり浮かせて落としたりする成分が入った歯磨き粉もあり、
そういった歯磨き粉はかなり優秀であると言えるでしょう。

 

このような成分のおかげで、歯へのダメージを最低限に抑えつつ、
マイルドな研磨効果にて、きちんと綺麗にしていく事が可能なのです。

 

そして、フッ素入りの歯磨き粉も優秀だと言えます。
フッ素は歯の保護力が高い成分であり、歯の再石灰化を促進して、
歯の回復速度を上げてくれます。

 

◆効かない歯磨き粉は?
今まで説明してきた事の反対の歯磨き粉だと考えて下さい。

 

つまりは「粒子が大きい研磨成分が入っていて」
「フッ素や、汚れを吸着したり浮かせたりする成分が入っていない」
歯磨き粉という事になりますね。

 

ただ、このような歯磨き粉でも、ミント系の香りで爽快感が強かったり、
泡立ちが良かったりして、満足感だけは覚えてしまう場合があります。
ごまかされず、成分等をきちんとチェックするようにして下さい。
授乳中 ハーブティー