ホワイトニング 歯磨き粉 おすすめ

重曹歯磨き粉で本当に歯が白くなるの?

重曹歯磨き粉で本当に歯が白くなるの?

重曹歯磨き粉で歯が白くなるという話は真実なのでしょうか?

 

重曹歯磨き粉の作用

前提として、重曹歯磨き粉から得られるホワイトニング作用は、
歯科医院での施術で得られるホワイトニング作用とは異なります。

 

重曹歯磨き粉は、その研磨作用によって歯に付いた汚れを除去してくれるので、
歯が白くなっていきます。
しかし、歯科医院でのホワイトニングでは、薬品によって歯自体の色も白くしていきます。

 

ですから、ホワイトニングの定義自体が異なりますよね。
ですが、もちろん重曹歯磨き粉にも歯を白くする作用そのものはありそうです。

 

 

重曹の再石灰化効果

重曹歯磨き粉には、歯の再石灰化を促進する効果があります。
食品が口内に増えると虫歯菌の動きで口内のペーハー値が酸性に寄りますが、
そうなると歯が溶解しやすくなってしまいます。

 

これを防止するために、いつもは唾液が酸性を中和して
口の中のペーハー値を制御してくれているのですが、
歯磨きが不十分で食べ物の残滓が増加したり、継続してどんどん食べたり、
虫歯菌が多すぎたりすると、中和が追い付かずどんどん酸性に寄っていってしまいます。

 

ですが、重曹はアルカリ性の物質ですから、唾液と同じく、
酸性を中和して口内のペーハー値を安定させ、
損傷したり溶解したりした歯を自己修復する、
再石灰化を促進してくれると言われています。

 

 

重曹ホワイトニングの注意点

重曹は研磨作用が強いので、歯の表面にダメージを与える恐れがあります。
ですから、重曹を用いて歯磨きするよりは、
重曹入りの水を用意して、口をゆすぐ程度に留めておいたほうが無難です。

 

0.5リットルの水に、重曹を小さじ1杯くらい入れましょう。

 

重曹はかなり安いですし、それなりに効くものですが、
危険性に見合うほどの効き目がないので、歯科医院等では用いられていません。
その事を重々理解した上で、慎重に使用するようにしましょう。